メーカー保証が5年から6年に延びました。さらにガラス脱落永久保証!詳しくは保証規定をご覧下さい。

ホームQ&Aコーナー

 

こちらのQ&Aは基本的に上にあるものほど新しい内容となっております。

 

 

 

 Q.表示価格は税込ですか?

 

 はい、当方がお客様に提示する価格は、工賃も含め全て税込表示となっております。安い!と思ったら税別だった・・・というガッカリ感が個人的に大嫌いなので消費税が何%に上がろうが税込表示を貫き通します。

 

 Q.保険修理にも対応可能ですか?

 当方にきちんと代金が入りさえすれば、保険修理でもなんでも構いません。ただし保険会社とのやり取りは基本的にお客様のほうでお願いいたします。また、虚偽の申告による保険請求や、水増し請求などの不正行為には一切加担いたしませんので予めご承知ください。 

 

 Q.代車はありますか?

 現在家族用の私的な車しかありませんので基本的にお貸しできません。緊急でやむを得ない場合のみ例外的にお貸しする場合はありますがあくまで当方の判断とさせていただきます。交通手段については、すぐ近くにバス停がありますのでそちらをご利用下さい。JR千葉駅まで十数分程度です。個人で細々とやっております故サービス面において至らぬ部分も多々あるかと思いますが何卒ご容赦下さい。

 

 Q.張った直後から開閉できますか?

 張った直後は全体に非常に強い張りがあり、その状態で開閉すると思わぬ不具合を招く恐れがあります。ですので作業後1ヶ月は絶対に開閉しないで下さい。特に電動タイプの場合は注意が必要です。またガレージ保管などの場合幌の温度が上がらないのでことさら伸びにくい傾向にあります。天気のいい日には屋外に出して太陽の熱で幌をよく暖めるようにすると伸びが早くなります。

 

Q.どうしても急ぎで交換して欲しいのですが、優先的にやってもらえますか?

 基本的に作業は全て予約順となりますが、他の作業に影響しない空いている時間があれば対応できる場合もあります。

  

Q.安さが売りなのですか?

 小売業として一般的に適切と考えられる価格で販売させていただいております。工賃についても、かかる時間と時間工賃を元に客観的に算出しております。他店と比べて極端に安い場合もありますが、決して安売り店ではありません。

 

 Q.店長日記を読んでいたら店長に会いたくなりましたが?

 日記では割と雄弁に語っておりますが、実際はたいして喋りませんし、さしたるボキャブラリーも持ち合わせておりませんのでわざわざ会いに来るほどのものではないと思われます。お察しください。

 

Q.もしそちらで取り付けをして雨漏りがあった場合は修正してくれますか?

 当店では交換完了後時間の許す限り散水テストを行っておりますが、その時点で漏れが無くても、長時間雨に打たれることでジワジワと漏れてくる場合があります。もし当方の取り付けが原因で雨漏りした場合は、責任を持って修正させていただきます。ただし、修正をするためには当店までお越しいただかなくてはなりません。何度修正しても無料ですが、交通費はお支払いできませんのでご注意ください。雨漏りの原因がウェザーストリップ等の劣化にある場合、新品に交換していただく場合があります。その場合の費用はお客様負担でお願いいたします。古い車種の場合は構造的に問題がありどうやっても雨漏りする車種もあります。また雨漏りにより生じた損害については補償いたしかねます。(内装のシミ、雨水浸入による機械的、電気的故障、サビなど)

 

Q.ガラス脱落が永久保証になったって本当ですか?

 はい、本当に永久補償になりました。 米国では"Life time warranty"と申しまして、わりとよくある保証方法です。製品に自信があるのはもちろんですが、「永久保証」を付けることによる宣伝効果も考慮してこのような保証が選択されます。いずれにしても万が一剥がれたら無償で交換してくれるわけですので、使う側としては安心だと思います。(ただし工賃保証は最初の18ヶ月間のみです。また、幌本体がボロボロで既に幌としての用を成していない場合は保証されません。現物の返送を要求されますので、わざと剥がしてもダメです。)

 

Q.リアガラスは車検対応ですか?

 はい、米国運輸省の認証マークであるDOT番号も入った正式な自動車用ガラスですので、車検は問題ないはずです。今のところ不具合の報告は入っておりません。ただし、必ず車検に合格することを保証するものではありません。 

 

Q.取り付けは自分でもできますか?

 幌の取り付けは技術的にはそれほど難しいものではありません。どちらかというと「面倒くさい」たぐいの作業だと思います。ですので作業をするにはそれなりのモチベーションが必要です。作業途中でモチベーションを使い果たすと、進むに進めず、幌が無いので後にも引けないという、絶望的な状況に陥る恐れがあります。ご自身の忍耐力をよく考慮したうえで、どちらにされるか決められるとよいと思います。その他、幌を張る際には強く引っ張って張る必要がありますので、力仕事に自信の無い方は難しいかもしれません。とはいえ、一般的な男性であれば問題ないレベルです。ただし、車種によっては個人では難しいものもあります。

【追記】

個人での取り付けや、業者さんでも慣れていないところでの取り付けは難しいと感じるケースも多いようです。また、間違った取り付けをしているケースも散見されます。取り付けや使用方法が間違っている場合、残念ながら製品保証は適用されません。よって、当方ではDIYや慣れていない業者さんでの取り付けを積極的にはお勧めいたしません。専門の幌屋さん、内装屋さんでの取り付けをお勧めいたします。一番のお勧めは当店での取り付けです。取り付けスキル、ノウハウ、アフターフォローとも万全の体制で臨んでおります。

 

 

Q.取付作業の見学・手伝いは可能ですか?

 申し訳ありませんが作業スペースが狭く、またしゃべりながらだと作業に支障が出る恐れがありますのでお断りさせていただいております。何卒ご了承ください。

 

Q.クレジットカード決済はできませんか?

 そのうち対応するかもしれません。

 

Q.幌はどこで製造されていますか?

 当社で扱っている製品は全て米国製です。車種ごとに、複数の取引先から厳選して仕入れております。

  

 Q.米国のメーカーでも本当にちゃんと保証してくれますか?

 はい、本当にちゃんと保証してくれますし、保証に際してあまり細かいことは言ってきません。証拠の写真があればそれでOKです。帰国子女の方に聞いたところ、米国人は「Oh! すぐに代わりのを送るからそれで許してくれよ!」みたいなノリらしいです。日本とは少し文化が違います。また、当方では正規代理店としてある程度まとまった数量をオーダーしておりますので、要求も通りやすいです。ちなみに保証は全て代理店を通して要求する必要があります。個人が直接メーカーに交渉しても受け入れられません。万が一不具合が発生した場合はすぐに当方へご連絡ください。責任を持ってメーカーと交渉させていただきます。

 

Q.耐久性はどうですか?

 当方で扱っている商品の生地は、全て米国のHarrtz Corporationにより製造されております。Harrtz Corporationはフェラーリやアストンマーチン、BMWなどの純正生地も製造しているメーカーですので、幌用生地としては世界トップクラスと言えます。こちらの生地でダメならばそれが幌の寿命と言えるでしょう。縫製についても、縫い糸をわざと取ってみたり、熱湯で茹でてみたりしたうえで、思いっきり引っ張ってみましたが、縫い目よりも先に生地自体が破れます。つまり、生地よりも接合部のほうが強固です。リアガラスについても、両側から布で挟んで弾力のある接着剤でガチガチに固めたうえ、さらに周辺をミシンで縫っておりますので、まず脱落することはありません。ただし、純正の幌でもそうですが、数年経てばさすがにあちこちくたびれてきます。工業製品ですので、無敵ではありません。

 

Q.何年くらい持ちますか?

 保管環境にもよりますので何ともいえません。当方で所有している18年間車庫保管のNA6CEはリアスクリーンに若干の変色こそあるものの、ほとんど新品同様のままです。ですので、風雨と紫外線を防ぎ、そして何より全く開閉しなければかなり長持ちすると思われます。逆に青空駐車でなおかつ開閉頻度も多いと、数年でダメになる場合もあります。綺麗な状態を保ちたかったら、とにかく開閉しないでください。毎日開閉したければ、幌は消耗品と割り切って使ってください。パンツや靴下と一緒です。

 

Q.幌がダメになる原因ナンバーワンは?

 ずばり、幌布自体の破れです。特に、骨組と生地が接触する部分や、Bピラー周辺の鋭角に折りたたまれる辺りが破れやすいです。逆に生地同士の接合部分が分離することはほとんどありません。万が一幌布の分離が発生してもメーカー保証が適用されますので、安心してご利用頂けると思います。

 

Q.洗車機にかけてもいいですか?

 基本的にNGです。これは純正でも同じことが言えますが、洗車機のような大量放水、しかも横からの放水は想定外ですので、内部に水が浸入する可能性が高いです。また、生地をいためる原因にもなります。オープンカーですので「屋根があって良かった」程度にお考えください。

 

Q.幌を交換したら雨漏りが治りますか?

 幌自体の切れ目から直接漏れているようなケースは治ります。しかしオープンカーの雨漏りは一般的にさまざま要素が複雑に絡み合って発生しており、事態はそう単純ではありません。新車時から既に漏ってる車種もあるなど、元々そういう乗り物であるとも言えます。ある程度寛容な心を持ってのぞみましょう。

 

Q.どうして安いのですか?

 アメリカではオープンカーはごく当たり前で、「幌は消耗品」という意識が根付いています。ですのでたくさんの幌メーカーがありますし、価格競争により値段も日本よりはるかに安くなっています。当方では元々安いアメリカ製の幌をメーカー直送で購入しております。ですから中間マージンも発生せず、リーズナブルな値段で販売できます。また当方個人でこじんまりとやっているため、店舗も工場もありませんし、従業員もおりません。このようなスタンスですので、一般のショップさんより安く販売できます。

  

Q.掲載されていない車種の幌も買えますか?

 はい、日本国内専売車や一部の超高級車(フェラーリなど)を除きほとんどの車種を取り扱っております。ただ、あまりに車種が多すぎて書ききれないため、サイト上には掲載しておりません。気になる車種があればお気軽にご相談ください。他店の半値以下、なんていう場合も多々ありますので、物は試しでぜひ。

 

Q.色のオーダーは可能ですか?

 はい、可能です。追加の費用はかかりませんのでお気軽にカラーコーディネートをお楽しみください。ただし、受注生産になりますので、納期が1ヶ月以上かかります。

 

Q.外車の幌も安いのですか?

 はい、外車の幌ほどお買い得感は高いです。車両本体の金額には一切関係なく、「幌の構造が複雑かどうか」だけを基準に金額を設定しています。ですので、BMWやポルシェの幌でも、ロードスターよりちょっと高い程度で販売できます。

 

Q.プロの自動車屋なんですけど、売ってくれますか?

 はい、プロの自動車屋さんにもお売りできます。お気軽にご相談ください。当方は中古車販売店さんや自動車ディーラーさんとも取引させていただいております。ただし、業販価格の設定はございません。何卒ご了承ください。